なぜNEM?


仮想通貨の分析家 75ringo®です。

暴落続きの仮想通貨。ここ最近ではメディアの報道により「仮想通貨」という言葉を超えて「コインチェック」「ネム」「リップル」が知られています。仮想通貨の代表「ビットコイン」よりも「ネム」に注目が集まっているようですね。

価格は一時1XEM=45円(Zaif取引所の価格)まで大幅に値を戻し、現在では1XEM=約70円付近で推移しております。この価格の変動に耐え切れず手放した方も多かったのではないでしょうか。(2月4日現在)

修正:3月5日現在では1XEM=36円付近です。

修正2:3月14日現在では1XEM=50円付近です。

 

 

そんな事態でもしっかりホールドしながら買い増しを行って保有数を増やしているトレーダーもいます。僕自身もNEM保有者として今でもホールド継続。保有数は確実に増えています。

毎月一定の金額を設定し、毎日自動で買付を行うZaifコイン積立も行っております。ドルコスト平均法で行う資産運用方法。積立を設定したい方はZaif取引所にアクセスしてみてください。

 

さて、ここからが本題です。タイトルに記した通り、なぜNEM?なのか。それについて書かせて頂きます。

 


bandicam 2018-02-04 18-45-17-861

結論から話しますと、NEMは私たちの生活を大きく変える事が出来るプロジェクトとして判断したからです。

(ここではNEMについて深く詳しく書くつもりはございませんので、正しい知識を身に付けたい方はNEM 公式HPにてご確認ください。)

初めてNEM(XEM)を知ったとき(2017年8月)はビットコインより買いやすいから買ってみよう。というくらいのスタンス。1BTC=約30万円だったのに対して1XEM=25~28円くらいでした。圧倒的に安く感じる。とりあえず買おう。そんなノリです。これは初心者や新規参入者の心理的にも当てはまるのではないでしょうか?

ブロックチェーンに対する知識も浅く、ビットコインを買えば儲かる」みたいなスタンスで参入したので、何も勉強せずにNEMを購入したのがきっかけです。当時はリップル(XRP)も似たような価格帯(約20円)だったので、どちらを買うか迷いましたがコインチェックのチャット内では「リップル終わった」「もうこのまま下落」「使い道ない通貨」というネガティブなコメントが多く、初心者の僕はそれを信じてリップルの内容(通貨としての機能やプロジェクト)を勉強せずに判断。NEMに対するコメントはどちらかというとポジティブな発言を多く見かけたので、これなら大丈夫という安心感でNEMを買った覚えがあります。

当時はどこで情報を収集して何を基準にすれば良いのかわからず、毎日コインチェックのチャットばかり眺めていました。今はチャットを見ることは殆どありません。それと同時期にZaif取引所を開設。コインチェックで購入したNEMをZaif取引所へ送金しメインの取引所として今でも活用させて頂いております。

最初はNEMなのにXEM?なんで?というところから疑問が沸き、そこを調べてみることにしました。BitcoinがBTCなのは理解できます。単純に頭文字を取って短縮したと思える。でもNEMがXEM?別物?そんなシンプルな疑問がNEMを調べることになります。


squenem-300x200

icon-get-xem

XEM(ゼム)は、NEMパブリックブロックチェーンのネイティブ通貨です。これは、このパブリックブロックチェーン上のトランザクションを支払うために使用され、そこにある企業やユーザーのトランザクションを処理および記録するパブリックノードのネットワークを奨励します。これは、XEMが機能する経済の通貨としての本質的な価値を持っていることを意味します。(NEM公式HPより抜粋)


NEMは仮想通貨、ブロックチェーンなどの機能的存在、XEMはパブリックブロックチェーン上のネイティブ通貨・通貨単位という事を知ります。

例)仮想通貨での会話にて

  • 「ネム持ってる」〇
  • 「100ネム買った」✖
  • 「仮想通貨ネムを100ゼム買った」〇
  • 「ネム売りたい」〇
  • 「ゼム買いたい」△

△に関してはご自身の判断で使ってみてはどうでしょうか。仮想通貨の初心者が会話の相手なら「ネム買うの?」、経験があり知識ある方が相手なら「ゼム買うの?」と使い分けても良いかと思います。単純で初歩的な知識ですが、これをしっかり説明出来る方がまだまだ少ないような気がします。

NEM(ネム)の発音

  • 寝る 〇
  • ネコ ✖

※NEMに詳しく知識豊富な方でも「ネコ」の発音を使っている人もいるそうです。ご参考までに。僕は「寝る」の発音を自然に使っていましたが、たまに「ネコ」の発音も使います。

 


nemのロゴの意味-エネルギーとイノベーション-安定と信頼-財務と開発

NEMは、デジタル通貨だけでなく、あらゆる種類のアプリケーション開発者のためのパワフルで合理的なプラットフォームとして構築されています。(NEM公式HPより抜粋)


NEMを調べて様々な事がわかってきました。ビットコインやイーサリアムとの大きな違いとして分かりやすく言ってしまうと企業や個人向けのブロックチェーン活用を手助けするNEMオリジナルのプロジェクトだということ。

ブロックチェーン技術は国や大企業の資本力のある媒体で活用するのは可能です。専門知識を兼ね備えた大勢のエンジニアによって構築され、様々な分野(金融・医療・不動産・介護・サービスなど)で取り入れられていくでしょう。しかし中小企業や個人事業(個人)が複雑なシステムを導入するのはハードルが高いその難点をクリアし、誰でも簡単にそして低価格&低コストでブロックチェーン技術を導入(使用)することを可能にできるのがNEMです。


そしてNEMのコミュニティの熱さ(特に日本での支持者の多さ)、NEM財団、mijjin、カタパルト、COMSA、様々な事を知った上で僕もNEMの魅力に引き込まれていきました。


難しい専門用語を全て把握したわけではありません。未だに理解に苦しむ事も多いのは事実です。しかし、このプロジェクトを心から支持し、ブロックチェーンの素晴らしさや時代のイノベーションを感じることを出来たのがNEMだったのです。

そこで僕はNEMを保有する決意をし、これから始まる新たな時代を見据え、この仮想通貨NEMがどんどん成長していくと判断したのが一番の理由です。

今後NEMはどうなるのか?コインチェックが与えた世間の目線は?

確かに今回のコインチェック騒動は世界に悪影響を及ぼしました。NEMだけでなく仮想通貨市場に「不信感」を持たれ「仮想通貨は危険」「仮想通貨に暗雲」などの報道もTVや新聞・ニュースで連日見かけます。

僕はそうは思いません。メディアが報じる言葉や内容こそ悪影響の引き金になっている気がします。「NEMはもうダメだ」と言っている人もいる。その報道に左右されNEM本来の目指す未来を見ずに価格だけで判断しながら売る人が増えたのは事実です・・・。

これらのネガティブな報道や噂を多数見かけても、僕はなぜか不思議と心に響きません。逆にこの騒動による大暴落やハッキングにより、「仮想通貨NEMを知らない人が居なくなった」として受け止め、ここからNEMの躍進が始まると見ています。

この騒動が落ち着き仮想通貨の市場が回復していくには時間が要するでしょう。まだ不透明な部分も多い状況での進展は期待し過ぎない方が良いかもしれません。しかし、だからこそ今すべき事は「少しでも多くの知識と正しい判断力を身に付けること」だと僕は思います。

「待つ」というのはじっと動かずに止まるのではなく、いつでも動ける「準備期間」として考えるのが相場において有利に働くのではないでしょうか?一時的な値動き、高騰や暴落に惑わされ自分のシナリオを見失ってはいけません。なぜNEM?なぜRipple?なぜETH?もう一度自分の意志や選択を見直してみてはどうでしょうか?

そして周りを頼りすぎるのは危険です。自分で調べ、自分で勉強し、自分で判断する。出来ないのではなく、やるのです。失敗や間違いを恐れた時点で負けです。「次は勝つ」「次は負けない」その貪欲さが真の成功者へ導きます。

僕が動画で毎回必ず「参考までに」と言っているセリフを「僕のサイン」として受け止めてほしいです。大きな損失や負けを味わった時に、「あいつが言ってたのに」「あいつのせいで」と嘆く人はいつまでも勝てないレールに乗っていることを自覚しないとこの先の未来は危険です。

自己責任・自己判断で。


あとがき

価格が下がり、みんなが不安になっている状況の中、NEMのプロジェクトは止まることなく、まさに今も僕たちの知らないところで確実に進んでいることを忘れてはいけません。

NEMが未来を明るくする。

僕はそう信じてこれからも分析を続けます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。次の記事も読んで頂けたら嬉しいです。

75ringo®

ブログTOP


コインバナー原本bitcoin

コインバナー原本etherum

コインバナー原本ripple

コインバナー原本bitcoincash

コインバナー原本nem

コインバナー原本lite

各バナーをクリックすると通貨のページへ移動します!

 

仮想通貨の特徴や特性を初心者向けに簡単に解説しました!

最低限の知識は読んで頂けたら身に付きます!

難しい単語や専門用語を出来るだけシンプルに簡素化しておりますので、詳しく知りたい方は色々と調べてみて下さい!

 

書籍バナーkasoutuuka


↓オススメ仮想通貨取引所↓

セキュリティ対策が優良な取引所で。海外取引所はリスクを伴います。まずは国内取引所での売買をオススメします。

こちらから登録出来ます

毎月安定した確実な投資法

Zaifで仮想通貨の積立を】ETHの積立も!

ブログTOP


取引所に通貨を預けたままは危険!?

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

世界中で注文殺到中!75ringo®も愛用してます。今申し込んでも入荷待ちみたいなので、予約だけでも入れておくのが良いです。かなり注文が入り続けているみたいです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

4件のコメント

  1. […] 僕はビットコインを購入してすぐにNEMも買いました。今思うと「当たりくじ引いたな」と思えるくらい、心から応援している通貨です。ここではNEMについて書きませんが過去の記事「なぜNEM?」を読んで頂くと保有している理由がわかると思います。現在も長期で保有しながら枚数を少しずつ増やし続けています。 […]

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中