ア行

用語集バナー原本

  • 【アルトコイン】Alternative Coin(代替のコイン)の略。ビットコイン以外の仮想通貨の総称。

  • 【アービトラージ】仮想通貨の売買時、同じ通貨が取引所毎に価格が異なっていた場合、買う場合は割安な取引所で、売る場合は割高な取引所で行ない利益を得ること。

  • 【暗号通貨】高度な暗号技術を用いられている仮想通貨のこと。日本では「仮想通貨」と呼ばれることが多いが海外では「暗号通貨」と呼ばれることが多い。「仮想通貨」と「暗号通貨」の意味は同じなのでどちらで使用してもOK。

  • 【ICO(アイ・シー・オー)】「Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開」のこと。資金調達したい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨トークンを発行・販売し、資金調達する行為を指す。 詐欺まがいのICOが横行するなど問題点も多く、国際的な規制強化が協調路線にある。現在ICOの規制が世界各国で厳しくなり問題となっている面も。

  • 【IOT(アイ・オー・ティー)】Internet of Things(モノのインターネット)の略。 センサーやデバイス(感知システムなどでの遠隔操作)など近未来的なシステムで、相互に制御する仕組みのこと。

  • 【Ethereum(イーサリアム)】2013年に天才少年「ヴィタリック・ブテリン(当時19歳)」らによって開発された。最大の特徴は、ブロックチェーンを使用したアプリ作成プラットフォームとスマートコントラクト。

  • 【EthereumClassic(イーサリアムクラシック)】プロジェクト「The DAO」のハッキング事件によるハードフォークで分裂した、イーサリアムの大元。ハードフォークが実行される際、非中央集権的な暗号通貨を目指すとして一部の人達がハードフォークを拒否したことで誕生した。

  • 【イナゴ】銘柄の価格が暴騰してから一斉に飛びつく行為、または投資家のことを指す。

  • 【インサイダー】内部でしか知り得ない機密情報を悪用し、情報公開前に売買を行うことで不正に利益を享受すること。

  • 【ウォレット】仮想通貨を管理するための財布のようなもの。ウォレットには「ハードウェアウォレット」と「ソフトウェアウォレット」、「ホットウォレット」と「コールドウォレット」に分けられる。

  • 【エアドロップ】仮想通貨をタダで入手できる仕組み。 コインの認知度上昇など、マーケティングの一環を目的としているケースが多い。「儲かる」「価格が今後〇〇倍まで上がる」という言葉には注意が必要のケースも。

  • 【エスクロー】信頼の置ける第三者を仲介させて、取引の安全を担保する第三者預託のこと。

  • 【オーバーシュート】行き過ぎた相場変動のこと。

  • 【追証】レバレッジを掛けた「信用取引」で含み損を抱えた場合、信用維持率の低下による強制決済を回避・解消するために必要な追加保証金のこと。

  • 【億り人】仮想通貨での金融資産が1億円を超えた投資家のこと。みんなが目指す一つのボーダーライン。TVや報道で話題に。

  • 【押し目】上昇トレンドの過程で、一時的に利確売りが優勢となり、再上昇するタイミングのこと。「押し目買い」でエントリーする戦略もある。

用語集バナー原本

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行


ブログランキングに参加中!

↓ポチッとしてくれたら嬉しいです!


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

75ringo®

 




↓オススメ仮想通貨取引所↓

セキュリティ対策が優良な取引所で。海外取引所はリスクを伴います。まずは国内取引所での売買をオススメします。

こちらから登録出来ます

ブログTOP


取引所に通貨を預けたままは危険!?

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

世界中で注文殺到中!75ringo®も愛用してます。今申し込んでも入荷待ちみたいなので、予約だけでも入れておくのが良いです。かなり注文が入り続けているみたいです。

広告